ベスト16

今日は、雨で順延された福岡少年ソフトボール大会の一日目の続きから・・・。
第三試合からでしたが、せっかちなヤングスは8:20到着、しかし夜中の雨なのかグランドコンディションの都合で11時の時点で判断するとの事、またグランドも変更だそうだ・・・。

じっとしててもしょうがないのでグランドまで行き待ち時間の間にランニング・キャッチボールのアップを開始し11時を待つ、Aコートは予定通りに始まったがBコートは許可がなかなか下りません。

「12:00に公式野球場に変更になりました。」との案内でそのまま昼食をとり移動・・・、練習開始・・・・すると「時間が無いのでここのパートの一試合だけはソフト専用球場で行います」との案内?
やったー念願の専用球場でできる!と一同大はしゃぎで球場入り、ある意味この球場変更が朝から待ち続けてトーンダウンしていた気持ちを一気にヒートアップさせてくれたようだった。

現に初回からホームランも飛び出し、一気に4点を先行し続く2回にも追加点を上げ、このまま逃げ切り?と思っていると、ボールが先行していたピッチャーが打たれだし見方のエラーもあり瞬く間に2点差にまで追い詰められる展開・・・。

ここら辺が経験の差か?気持ちの弱さか?なんでもないプレーにFCが飛び出す?
いつもなら負けムードが漂うところでしたが、今日のヤングスはエースが我慢強く投げて5回裏を痛恨のエラーによる一点追加されるも、後続を内野ゴロにしとめてゲームセット!

3回戦進出をはたす。正直ここまではこれると信じてましたが、次なる相手は塩原キッドスターズさん県大会では優勝・準優勝の実績を引っさげて、巷ではたぶん塩原さんが勝ち上がると踏んでいたことでしょう?

そういう大人の緊張感が伝わったのか、序盤硬さが見えた選手たちは、手堅い一点を取りに来た塩原さんに一点先行され、トーンダウン気味に・・・・。
そこにヤングスの最近眠っていた主砲タクミの手ごたえ十分のセンターオーバーのソロホームランが飛び出し振り出しに戻す・・・。
ここで浮き足立っていたチームもまとまりを見せついに5回表に投打に活躍のユウジローの値千金のヒットで逆転に成功!
5回裏は代打の先頭打者を許すも後続を3人で絶ちゲームセット!ベスト16進出!

今日はピッチャーがいつもの調子ではありませんでしたが、出来る限りのことを丁寧に我慢強くやりきってくれて、また守備も攻守がありよかったと思います。

しかし声(指示)が無いためのミスプレーがあり残念なところもありました、またバントミス・・・本番で急にやろうと思っても出来るはずは無い!練習で出来てやっと本番の緊張した場面で出来るかどうかのプレーです。
これからもっと練習中の集中力の大事さを感じてください。
ピッチャーとキャッチャーは一球一球大事に、常に相手と対戦してます、一瞬でも気を抜いたらすぐにヒットであったり、パスボールであったりと結果に結びつきます。
内野・外野は、ボールが毎回来ないからと、気を抜いた瞬間があっていいものでしょうか?
ピッチャーの背中にあらん限りの声を出して声援を送るべきではないでしょうか?
仲間じゃないでしょうか?みんなで戦っているんじゃないでしょうか?

ベンチも声がないと注意されてるけど、一緒に戦わないから声が出ない!
試合にのめりこんでないから声が出ない!単に観戦してるから声が出ない!

「声出せ!」じゃなく私は、いつもこの子達がどうしたらひとつになるのかを考えてます。

勝利の喜びとともに、いろんなことを考えさせられた一日でした。
最後に二試合目で同点ホームランを打って、帰ってきたときに涙ぐんでいたタクミ、4番でチャンスにいい当りが出なくてつらかったろうね?自分なりに悩んで、悩んで、苦しかったろうね?
フライを上げようとして打席に立つわけではない。
でも苦しみを抜けて、今回の結果が出てよかったね。

しかし帰りの車の中での、わが子を含めての大はしゃぎは凄い!その元気応援で出してくれ?と言いたくなる今日この頃・・・しかし所詮これが子供?

さて明日も早起きで、もうひとつ上を目指して!
今夜はいい夢見よう!
スポンサーサイト
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。