灼熱の太陽の下、練習試合の1日

北部九州の梅雨明け宣言から5日目の日曜日。
朝から真夏の日差しが照りつける中、都府楼ファイターズさんのお誘いで甘木の「水の文化村」グランドでの練習試合に参加した。

参加チームは、福岡、春日、大野城、筑紫野、朝倉の各方面から集まった8チーム。きちんと組み合わせ表や資料まで用意され、ちょっとしたミニ大会を思わせる段取りだ(お疲れ様でした<(_ _)>)。

我がチームはまず、大野城の’利翔ジュニア’さんとの対戦となった。
rishou.gif

試合展開としては、相手のエラー、四球でためたランナーをうまく返せたり、エース俊太郎が低め低めを丁寧につくピッチングで、4-1で勝利した。
kouki01.gif

shun01.gif


次の対戦は、以前も相手してもらった春日市の’大谷スポーツ少年団’さん。
この試合も3回の集中打で、一挙4点を挙げ、5-0
現在最大の課題であるバッティングにやや明るい兆候が見えてきた展開だった。

さて、昼食後は下級生中心のメンバーで次郎丸さんと試合をさせてもらい、普段応援だけの子供たちもドキドキわくわくのゲームを体験した。

そして、本日最後の練習試合は、ひきつづき次郎丸さんのレギュラーチームとの対戦。全日本チームの内藤選手のお兄さんが監督をされている非常に高レベルなソフトボールチームだ。
jiromaru.gif

試合開始早々、その攻撃力が如何なく発揮される。9人中7人が左バッターで構成されたラインナップ。そこからセフティ、スラップ、バスターと、スピーディーな波状攻撃の連続。うちの野手は翻弄されっぱなしだった。
また、ピッチャーはスピード、コントロールとも抜群のサウスポー。完璧に抑えられてしまった。
shun02.gif

結果は、0-6。これぞ、’ソフトボール’というものを見せ付けられたが、負け惜しみではなく本当にとても勉強になった有意義な練習試合だったと思う。
でも、今日はほんとに暑かった!思わず地元に戻り、ジョイフルで数人のパパたちとビールを飲みまくりました(^。^)
スポンサーサイト
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。